ホーム 城塞史跡協会について 調査報告 活動報告
名称 小松こまつ
所在地 神崎町小松字要害
アクセス方法 県道107号線から小松集落に南側から入るようにすると浄専寺がある。この東側の裏山が城跡である。
周辺の目標物 浄専寺本堂の裏手北側から山に入る道がある。浄専寺本堂の裏手北側から山に入る道がある。
登城口 山に入ると左手(東側)に祠がある。この裏から直登する。山に入ると左手(東側)に祠がある。この裏から直登する。
現状 T曲輪は竹が密生しており視界は不良で探索は難しかった。
現況写真 平坦部は竹林となっている。平坦部は竹林となっている。
図面等 標柱等はなかった。
歴史 神崎氏の一族小松氏の城とされる。(『日本城郭大系 6』(新人物往来社))
踏査日 2008/03/01

特定非営利活動法人城塞史跡協会
作成2008/03/03、更新---
email:castles
=