ホーム 城塞史跡協会について 調査報告 活動報告
名称 勢福寺せいふくじ
所在地 神埼郡神埼町城原字北外の城山
アクセス方法 城山山頂部に登る道は不明である。
周辺の目標物 山の南麓にある種福寺を目指す。
登城口 登城口は不明であった。
現状 踏査できなかったのでコメントできないが、木島孝之『城郭の縄張り構造と大名権力』(九州大学出版会、平成13年)に詳細な縄張り図が記されているので、相当の遺構があることは間違いない。
現況写真 写真は撮れなかった。
図面等 種福寺の前に標柱のみ存在している。
歴史 文和2年(1353)には存在していたと考えられている。その後、菊池氏、少弐氏、大友氏、大内氏、竜造寺氏と主が代わった後、竜造寺氏から江上家に養子に入った江上家種が城主となったが、天正17年に蓮池城に移った後に廃止されたようである。
踏査日 2005/12/11

特定非営利活動法人城塞史跡協会
作成2006/10/19、更新---
email:castles